初めの第一歩。サロン経営の始め方

サロン開業独立,サロン確定申告,サロン税理士

サロン開業をご検討の方へ

このサイトを訪れた方はサロン開業にあたって何から始めたらいいのか迷っている方が多いと思います。
サロンを開業し、オーナーの夢を実現するためにまず初めにしなければならないことは事業計画書の作成です。
一歩踏み出す勇気をもってサロン成功の戦略を立てましょう!
それでは具体的に、開業のステップを解説していきます。

 

STEP1 創業への想い


創業の想いを振り返ります。
その想いがコンセプトに繋がります。
「どうして開業しなければならないのか、その夢は本当に独立開業しないと実現できないのか?」検討してみましょう。
その想いがサロンのコンセプトとして、「誰に」「どんなサービス」を提供するのかという経営の軸になります。
途中で変更することのないように最初に軸を決めておきます。

 

STEP2 サービス内容と価格帯


サロンのコンセプトイメージを膨らませていくと、低価格戦略でいくのか、
それとも高付加価値戦略でいくのかサービス内容と価格帯を検討していきます。
ポイントはターゲットを明確にし、顧客に刺さるセールスポイントを絞ります。

サロンが多く立ち並ぶ中このサロンに来ればどんないいことがあるのかしっかり打ち出しましょう。
サロン運営に特に大切なことは、お客様にリピートしていただくことです。

新規のお客さまをリピーターにするには、最低でも3回通いたくなる仕組みを作る必要と言われています。
そのためには現在様々なツールがありますが、その中でも本当に役に立つツール必要です。


サロン開業ツールはこちらをご参照ください

詳細はこちらをクリック>
 

 

STEP3 店舗の立地


サロンを成功させることで一番重要なことは店舗の立地です。
これはサロンだけではなく、飲食店業においても共通するところです。
サロンを認知いただくためには予算を多少多く見積もったとしても、路面店に出すことが大切です。
立地が悪ければ今後いくら広告にお金をかけても集客の壁が立ちふさがってきます。
立地は最も大切な広告ツールと考えておきましょう。

 

STEP4 事業計画シミュレーション


いよいよ事業を開始するための初期投資、売上高、経費等を算定し、収支計画を立てていきます。
損益はもちろんのことですが、ここで一番重要なことはキャッシュ(現金)が残る収支計算を作ることです。
ポイントは事業にかかる経費を徹底的に洗い出し、経費を固定費と変動費に分類します。
そして売上高から変動費を差し引きます。

そこから固定費をまかなえるか必要な利益や削減すべき経費が見えてきます。
専門家と相談しながら作成することも可能です。
専門家に相談する場合はこちらをご参照ください(リンク)

詳細はこちらをクリック>
 

 

 

STEP5 小さく生んで大きく育てる

事業を開始するにはお店のコンセプトから店舗探し、収支計画と膨大な時間を要します。
また資金調達をどうするかなど開業には様々な悩みや不安などがあるかと思います。
独立の一歩を踏み出すには勇気が必要ですが、現在サロンでお勤めの方であれば
初期投資と家賃や水道光熱費などの固定費を極限に抑える方法があります。それはシェアサロンを利用することです。

シェアサロンの利用料は900円/時間からなどが多く、設備も整っていますので、空き時間を利用して、
ご自身のコンセプトを考えながら小さくスタートすることも戦略の一つです。

エスポートはサロン開業成功に必要なものを事業計画からシェアサロンのご利用店舗探し、
広告ツールまで全てご提供いたします。