【必見】サロン開業への第一歩。物件探しのコツとは?

サロン起業のスタートにまずは物件の選定をチェック。
最寄駅・近隣環境・家賃コスト・ターゲット層など、目的に応じたサロン物件を契約できるコツをお伝えします。

 

 

コスパ最強の神物件の探し方。

サロン開業には、まずは物件探しをする事から。
サロン運営をするにあたり以下のケースでサロンをスタートする事が多いです。

  • マンション型
  • 店舗テナント型
  • 自宅兼用

サロン内容や目的にもよりますが、まずはどのようなサロンづくりをしたいのか明確な目的を
決めていく事が成功への近道になります。

 

 

どのスタイルでサロンを開業していくのかを決める。

まつ毛エクステ・ネイルサロン・美容室(ヘアサロン)・ヘッドスパ・リラクゼーションエステ
様々なサロン業種がありますが、まずはどのような業種・運営スタイルで起業したいのかを
決めていく事でサロンの部屋の大きさやサロンの内装などのイメージが膨らんでいきます。
インターネットで検索しながら、まずはどのようなイメージでサロンを開業オープンしたいかを決めていきましょう。

 

 

ネイル・マツエク系のマンション経営の場合は許可申請を。

ワンルームからスタートするサロンの場合は、物件検索時に、

  • ネイルサロンを開業したい
  • エステを運営したい

など、住居ではなく「営業」で使用したい旨を必ず伝える事をおすすめします。
入居後のトラブルを防ぐためにも、事前に物件検索の際に、
担当の方にお伝えすることでスムーズにサロン運営にぴったりの物件をピックアップしてもらえます。

 

 

(まとめ)サロン起業のスタートは物件探しから。
・どのスタイルでサロンを開業していくのかを決める。
・マンション運営の場合は許可申請を。